★★Skype鑑定はじめました★★
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
祈り
2007-04-09 Mon 11:28
皆さんは、祈るという事がありますか?
たとえば、私の様にクリスチャンの場合は祈る時はキリストへ祈ります。
キリストの祈りは、お正月にいわゆる神社等でする”お願いごと”ではありません。
神様との会話”ディボーション”の事です。
もし、叶えたい夢があるなら、その事が神の御心かどうかを訊ねるのです。
何度も根気良く神に語りかけて行くうちに、その事が神の御心かそうでないかの
答えが必ず返って来るといった経験を何度かしました。
又は、自分の心が神の御心に近づいて行くという場合もあったり、
又はその二つは違っている様で実は同じであったり、、、、。
私の場合、それは言葉ではなくインスピレーションや物事のタイミングからでした。
なのでキリストへの祈りは瞑想に近いのかも知れません。
現にキリストは神でありながら、十字架に架けられる前に ”今から受ける苦しみは
御心なのですか?” と何度も祈りの中で父である神に訊ねたと聖書にあります。
そして、神の御心を祈りの中で受け入れたキリストは十字架への道を歩まれたのです。
”ゲッセマネの祈り”

以前に、水木さとみ先生の授業で、興味深い体験をしました。
それは、一年後の自分をイメージの中で体験してみるという授業でした。
心を静かにして、深い呼吸をし、水木先生の語りかける言葉の中で
一年後の自分をイメージして行くのです。
最初は何もイメージが浮かんでこないのですが、
少しずつ自分の姿らしき物が見えて来て
だんだんと、一年後の自分がイメージされました。
それは、不思議な程に頭で描いていた自分の理想の姿では無かったのです。
でも、なぜか平和でほわ~っとしていたのを覚えています。

祈りとは、本当になりたい自分を見付ける事、
本当の希望を見いだす事なのではないでしょうか?
それは、直感で見つかってしまう人も居ます。
その人は、運が良い人かも知れません。
しかし、色んな雑念が入り、本当は自分が何をしたいか分からなくなる。
そう言う人は、祈り、瞑想などが、その発見を手助けしてくれるかも知れません。

”だれでも、本当に心から信じるなら、目の前の山も動かす事が出来ます。”
とキリストが言われているのは、無茶な話では無いし、決して宗教、信仰の力だけでは無い様な気がします。


スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<木星効果 | テルヨ占星楽 | 冥王星 射手座28度>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| テルヨ占星楽 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。