★★Skype鑑定はじめました★★
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
カッコいい職業
2011-11-22 Tue 17:53
大分前になってしまったが、”おくりびと”という映画がブレイクしました。
凄く感動的な映画でしたが、私は以前に実際にもっと素敵な人を見ました。

父が亡くなったとき、
父は大腸ガンからガンが肺に転移していた為、呼吸が非常に困難になり壮絶な最後となりました。
それで亡くなった時の父の顔が、余りの呼吸困難が長引いた為、口が全開になったままの状態で、目も開いてしまってかなり悲惨な状態でした。

正直、亡くなる前の父は一ヶ月間、本当に”なんで、ここ迄…”という壮絶な苦しみを味わったので
私達家族は父が亡くなった事自体、悲しいと言うより、父が最後の苦しい道のりをやっと歩き抜く事が出来たと言う安堵感がありました。
なので、父の死よりむしろ気になったのは悲惨な状態の父の死顔だったんです。

父が亡くなった直後、看護婦さんと看護士さんが父に手を合わせると
静かに親族を外に誘導しました。
30分程待ったかと思います。
二人の看護士さんが「病室へどうぞ」と言われて私達は病室に戻って行きました。
この時、看護士のお二人は汗だくだったのを覚えています。
病室に戻ると父の顔がきれいに生前の時の様に戻っていました。
目もしっかりと閉じられ、何よりも口が綺麗に閉じていて、最後の父の苦しそうな状態を少しも感じさせない表情に戻っていました。

そんな事をしているうちに、直ぐに父の会社の同僚が次から次へと訪問され、皆さんが口々に”綺麗な御顔ですね”とおっしゃっていました。
私は看護士さんて、なんてカッコいい職業なんだろう…と思いました。

これは占星術でいう8室の支配星が6室の人なのかも知れません。
ある意味タブーとされる分野に関わって皆がやりたく無い仕事をする人
私には出来ない…だけど尊敬します。
真実の仕事だと思います。

テルヨ
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0
<<ファミリー感は東方神起にとって得なのか? | テルヨ占星楽 | やさしい御顔>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| テルヨ占星楽 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。